婚約指輪選びは慎重に行なおう|素敵なリングでプロポーズ

永遠の愛を象徴する指輪

新郎新婦

アレルギーを起こさない

ジュエリーを身につける女性を悩ませる金属アレルギーに関して、婚約指輪も例外ではなく、一生の内に身につける機会は何度も訪れるために素材選びは重要視したい内容です。金属アレルギーが起こりにくい素材として、一般的なのがプラチナ素材ですが、チタンやレアメタルなどの素材も金属アレルギーが起こりにくい特徴が挙げられています。アレルギーの原因には、汗によって金属が溶け出すなどのイオン化が原因となるため、溶けにくい素材を選ぶことがポイントです。婚約指輪に使われる金属では、金やレアメタルと呼ばれるチタン、ジルコニウムなどを挙げることができます。ですが、未だに希少な金属であり、高度な加工技術が必要となるため、婚約指輪としての価格は高めの傾向にあります。

安価だからこそ保証

プロポーズの証として男性が贈る婚約指輪ですが、実際には高価な価格設定から指輪の購入を見送るケースや、他のジュエリーを贈るカップルも少なくないのが実情として挙げられています。婚約指輪には永遠・愛などを象徴する意味合いがあるため、贈り物として重要視すべきアイテムとなっています。近年では、低価格帯のデザイン性を重視した婚約指輪を製作するブランドやブライダルジュエリー店も増えています。従来、耐久性を考えたプラチナやチタンなどの素材が用いられていましたが、最近では加工のしやすい素材を用いて、婚約指輪の価格を下げる工夫が施されています。また、最近では婚約指輪や結婚指輪を手作りで作れるというジュエリーショップや工房が増えてきています。デザインの被る可能性のある商品を選ばずに、自分だけのオリジナルリングが作れるとして、好評なのです。価格もショップの既成品より安くなる傾向にあるので、人気が高まっています。